ラビットしま子の「人生美容パラダイス」ラビットしま子の「人生美容パラダイス」

プチプラコスメで美肌スキンケア&ニキビケア!

手術直前☆主治医との最終面談。リスクや不安。説明を聞いて納得。医師に胸キュンの謎。

   

フー( ´ー`)...

手術前のドキドキ状態。
主治医と診察というか、面談がありました。

家族も同伴です。
ここで手術について、最終確認をします。

スポンサードリンク

卵巣のう腫・皮様のう腫の手術前診察、夫が付き添い

私は手術までなんやかんやで2ヶ月以上あったので、
もう早く手術終わらせたい!感でいっぱいでした。

今はどこの病院も混み混みですから、
なかなか手術日の予約が取れないもんなんですよね(^_^;)

 

前回のブログはこちら☆

卵巣のう腫手術で入院中…皮様のう腫・卵巣腫瘍、婦人科病棟でのんびり休養。

 

 

さて、手術直前ヽ(`Д´)ノ

もう緊張しっぱなしでした(笑)
あぁ嫌やなぁ、早く終わらないかなぁ…なんて思いつつ。

 

手術を担当してくださる婦人科の医師と面談がありました。

今回の手術はどういう手術か、
自分はどんな病気なのか、
手術のリスクはどんなものか、等。

かなり細かく、そして丁寧に解説してくれます。

 

うちは夫が同伴しました。
もちろん、親御さんや兄弟・姉妹でも良いです。

家族にも十分理解してもらっておくのが良いですよ。
手術にはリスクがあるので、ちゃんと知っておきましょう。

 

卵巣が腫れる病気、手術して切除、卵巣を残す手術と確認

私は卵巣のう腫(卵巣腫瘍)で、
中でも皮様のう腫、という名の病気でした。

卵巣が腫れています。

全然自覚症状はないのですが、合併症を起こすといけないので、
手術して取る事になりました。

 

皮様のう腫について☆

卵巣に腫れ:皮様のう腫・卵巣のう腫は女性に起こる原因不明の病気。

 

合併症の茎捻転について☆

茎捻転を防ぐ。大きくなった皮様のう腫・卵巣のう腫とどう向き合うか。

 

 

ここで、主治医から手術する事へのリスクが改めて話されました。

ある程度は外来の診察の時に聞いていたのですが、
多少、医師によって意見が違うところもあるので、
よく聞いて、よく考えて決めるのが良いと思います。

 

まず、自分の病気について、
私の認識と、医師の診断とが合っているか確認。

また手術をする必要性についても確認。

 

次は手術方法について。

腹腔鏡下手術で卵巣の腫れを取るという事を確認。

 

そして、手術中に他の臓器に傷がついてしまったり、
予期せぬ出来事が起こった時などは、
開腹手術に移行する事もあるという事を聞きました。

まぁこれも外来で説明を受けていたので、
その覚悟はできております(‘ω’)ノ

 

開腹手術の方が術後の回復に日数がかかります。
傷の大きさが違うからね。

 

スポンサードリンク

手術する事で卵巣に負担がかかるのか、今後の生理や妊娠は?

外来の診察の時から、
執刀医との面談まで、何度も何度も聞かれた事があります。

 

医師
「妊娠の希望はありますか?

不妊治療をする予定はありますか?

妊娠した場合は出産を望みますか?」

 

です。

 

私の年齢は30代前半。
まだ子供はいません。

妊娠・出産について患者がどう思っているか、
産婦人科の医師は何度も確認をします。

 

この質問に、私は毎回、
率直に答えるようにしました。

 


「自然に妊娠したら産みたい。

不妊治療は今後するつもりは無い。

自然妊娠しなければ子供は諦める。

卵巣のう腫摘出時、どうしても卵巣を取る必要があれば取って構わない。」

 

当然、
主治医(執刀医)との手術前の最終面談でも聞かれました。

主治医曰く、
卵巣の腫れ=皮様のう腫を切除する事で、
多少は卵巣に負担はかかるとの事。

卵巣が残ったとしても(´ε` )

 

卵巣のう腫手術をしたからといって、
妊娠しやすくなる訳ではないし、
不妊に必ずしもなるという訳ではないようです。
(他の要因があったり個人差もある)

ただ、多少は性機能に影響が出るかもしれない、
という可能性を医師から話されました。

つまりもしかしたら、妊娠しにくくなる…かもしれない、という事。

 

妊娠をどうしても強く、かつ急いで希望するのなら、
今手術する事のデメリットも考えないといけないのですね。

今なのか、
妊娠するまで待つのか。

 

でも妊娠中に皮様のう腫が大きくなってしまって、
茎捻転を起こしても怖いし、
妊娠中に手術しないといけなくなるのも大変そうやなぁ。

色々考えました。

 

改めて手術直前に聞かれると、
一瞬迷ったんですよね・ω・

こっちはもう手術する気満々で来てますから、
あれ?どうしたらええんやろうってなるのよ(;_;)

 

医師と相談、納得していざ手術へ、病院と医師を信頼する

色々医師の説明を聞いて、
自分の思っている事も話して、
最終的には手術に臨む事としました。

腹くくったで!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

もうあとは、
主治医を信頼するのみです。

まな板の上の鯉状態になるわけですからね(笑)
わし。

 

ラビットしま子、医者に惚れる

 

主治医の先生は、というか、
婦人科医は基本的に優しいんですよ。

女性相手にしてますからね(^_^)

比較的ほわ~んとした感じの医師が多いというか…。
のほほんとした優しい感じの医師が多いというか…。

 

大変失礼ながら、
手術、大丈夫かな…と不安な気持ちを一瞬だけ、持ちました(^_^;)

すみません、先生。

 

でもね、この感情は手術時の医師を見て、
すぐ消え去りましたよ(‘ω’)ノ

 

医師に胸キュン☆手術直前にアホ患者は何を考えてる…

女という生き物は、
なにかとギャップに弱い。

普段のほほーんとしている男性が、
急にシュッとした(キリッとした)顔つきになると

 

惚れてまうやろーーー!!!

 

 

いやぁ(*´ω`*)

カッコよかったね先生。
多分歳はそこそこ離れてると思うけど、惚れてしまったw
(と思って、意外と同い年とかやったら申し訳ない)

 

手術直前、私は手術室近くの待合室みたいなとこで待っているのです。

そこへ、自動ドアが開いたなと思うと…

白衣を着た主治医が小走りで来て、
そして私、看護師と共に手術室の中へ入ります。

 

私が手術室で待機している間に、
主治医がいわゆる緑系の手術着に着替えて来た訳ですよ。

その先生といったらもう。
カッコいいからさぁ(*´ェ`*)

本当、どうしてくれるこの患者の淡い恋の気持ち。

 

ちなみに私は裸眼で0.1も無いほど視力が弱く、
数十センチ先すらよく見えないのですが、
その件については今は触れないでおこうかな。

 

先生ってば声は診察の時と違うし、
目は真剣なんですよね。
優しく、落ち着いて話してくれるので安心します。

 

ヤバイ、クラクラしそう…(*´艸`*)

白衣で颯爽と現れる+手術着に変身のギャップ
=胸キュン

これはもうどうしようもないわ。

だってこの人に自分の命預けるんやから、
身も心も委ねるしかない。

それが恋心になぜなるのか分かりませんが…(・.・;)

 

私自身が極度の緊張状態の中にいるので、
吊り橋効果的な?

思わず胸キュンで困るわー。
いやぁねぇ…疲れてるのかしら(´ε` )

 

とりあえず、
医者は絶対にモテる。

カッコいい(*´ェ`*)ポッ

 

そうこうしてるうちに静脈麻酔で爆睡しますよ(笑)

あぁ、ねむくなーーるーーー(=_=)ネムー

 

手術の全身麻酔は静脈麻酔だった、初めての体験。痛くは無いが吐き気と嘔吐が…。

 

 

さて。

機会があれば先生に聞いてみたい。

先生、恋は病ですか?

 

そのままメンタルヘルス科へ紹介状出されたりして…(笑)

 

 

え?
手術日だから、夫が付き添っているんじゃないかって?

そりゃいますよ(´ε` )

こんな事言ってて、夫に申し訳ないやろって?

 

(´ε`;)ウーン…

でもうちの夫、
「ナースはやっぱり良いな」

という迷言を吐いてたから、別に良いかなって。

 

病院の皆さん、
こんな患者と家族でどうもすみませんm(_ _)m

 

ついでに、女医さん可愛かった。
あなたならイケ…おっと、思わず品の無い事を言いそうになりました。

多分ね、色々ホラ、ストレスというか、
何というか、ホラ、あのアレ。

@rabbitshimako のアレな感じのツイート

(既に退院。すっかり元気なの)

 

手術の詳細はこちら☆

皮様のう腫の手術、卵巣の腫れとお別れ。緊張の手術室、コワイ…【前編】

 

美白と美肌は女の夢☆美容の為におやすみなさい(-_-)zzz

 - 乳腺・婦人科



PAGE
TOP