ラビットしま子の「人生美容パラダイス」ラビットしま子の「人生美容パラダイス」

プチプラコスメで美肌スキンケア&ニキビケア!

矢口真里というエキセントリック女は逸材でアール R!

   

モー娘。の矢口真里さん。
いやー、やぐっちゃん、やっちまったね(変な意味でなく)。

元旦那さんとの離婚の原因となった、リンフー騒動。

スポンサードリンク

矢口真里よ、今後もとことん嫌われていこう

離婚後は、
その騒動の真意について語られるのではとの見方が強かったため、
何も語れない彼女に批判が殺到しました。

 

でもちょっと待って下さい。
離婚してるんですよ。

言える訳ないやん。
キツイキツイ!!!

 

あの騒動に関しては、
もし事実なら矢口さんが悪いので、批判されても仕方ないですね。

迷惑をかけた人に謝るのも当然。

 

元アイドルという肩書が、
より重くのしかかってしまいました。

ちょっと気の毒ですが、アカンもんは、アカン。

 

泣いても笑っても結果は同じ。リンフー過去は消せない

ただ、その騒動の詳細については
語れないと思います。

言ってはいけない話だと思います。
これが夫婦の、男女のルール。

 

悪意が無く話していても、
もう別れた相手を傷つける内容になってしまうからです。

相手の家族も傷つけてしまいますからね。
恋人同士とは次元が違いますよね。

 

世間は知りたいだけ、よその家庭の不幸のネタを|д゚)

公になるのは、家庭裁判所に行った時くらいでしょうか。
離婚を現在争っているのなら、まだしも。

もう離婚した人との事を、
芸能人がテレビで言うのは無理じゃないかと思います。

 

これ読んどく?

 

本当は矢口もペラペラ喋りたいかも?

ちなみに私は別れた男の人をネタに、
5時間位喋れるよ(*´з`)

悪口は言う程に上手くなるよ☆
そして自分を美化するのが得意になるよ☆

 

そう思うと、何も語らない矢口さんが
いかに相手を思いやっているか。わかるのではないでしょうか?

 

本当に元旦那さんを心配するなら、
元旦那さんの仕事を
応援してあげる事が一番ではないでしょうか?

矢口さんを批判しても、
元旦那さんは全然幸せにはなりません。

 

未だに矢口さんは、
以前ほどテレビで大活躍出来ないでいます。

イメージダウンなんでしょうね(*_*)

 

ここまで人を裏切って、嫌われてしまったんなら、
女版ジャスティン・ビーバーを目指すってのはどうですかね?

やぐっちゃん☆

 

実はモー娘。時代、
私は矢口さんが一番好きでした。

小さくて、いつも楽しそうに話すところが好きでした。

好印象だったからこそ、
あの騒動で大バッシングを浴びたのかもしれませんね。

 

そもそも矢口真里が、聖人君子である訳がありません。

だって、私達が学校や塾に行って勉強してる間…

彼女はスタジオでダンスして、
荷物持ちのマネージャーがいて、
ドリンクは常に用意されていて、
深夜まで冷暖房完備の中で打ち合わせをしているような生活ですよ。

常識人である訳ないし。

 

スポンサードリンク

社会の現実:異性関係のもつれなんてどこでもある

ついでに、私が社会人時代。

転職もしているのですが、
どの職場でも、1件は既婚者の異性問題ありましたよ。
残念ですが、男女のいる環境では起こりうる話です。

バージョンは色々でバラエティ豊かなの(^-^)

  • 既婚の上司×独身20代OL → 定番
  • 既婚女の先輩×年下独身男の後輩
  • 独身の上司×既婚パート主婦
  • 既婚同士

などなど。
誰も、幸せになっていませんでしたが…。

 

あなたの親族や友人、
同僚にも一人くらいいたのではないでしょうか?

案外、身近な問題です。悲しいですね。

 

スポンサードリンク

私は違うけどね~(・∀・)全然説得力ない?

リンフーがよくある話だとしても、私はしないけど。

いやいや!私はそんな事しませんよ!
マジで!
いやいや、私は

矢口真里とは違うんです!!!

 

私のゲスさがにじみ出てきたのでこの話は終わろうと思います。

 

皆様、そんな訳で、矢口真里さんをそろそろ
受け入れても良い時じゃないかな?
と思うんですが、いかがでしょうか?

 

リンフーという行為そのものに嫌悪感はありますが、
矢口さんは、普通の人の100倍バッシングを浴びたと思います。

 

やぐっちゃん、今日からあなたは
ヤグティン・ビーバーだ!

 

今回の限定記事はクレームが来そうなので、
一ヶ月限定公開にしておこうかな。

個人的にはやぐっちゃんが好きなので残したい投稿なのだ!

 

2015年5月1日

 

美白と美肌は女の夢☆美容の為におやすみなさい(-_-)zzz

 - メルマガ・限定記事



PAGE
TOP