ラビットしま子の「人生美容パラダイス」ラビットしま子の「人生美容パラダイス」

プチプラコスメで美肌スキンケア&ニキビケア!

初恋で人生の厳しさを知った小5の春。女の敵は女。

   

初恋を覚えていますか?

私の初恋は小5で、失恋してから気付きました。
あぁ、好きやったんやなぁ、と。

切ない話かと思いきや、なんか恨み節も出てきて
収拾不能に。

スポンサードリンク

人気者に恋をしたら痛い目に遭うと知った

クラスで1,2を争うモテ男だった男の子がいて、
顔はカッコ良かったんですよ。

私は好きではなく、仲良しの男の子だったというところです。
ここでは便宜上A君とします。

 

A君はクラスの女子から人気で、スポーツが得意で、
おもしろいし、男の子の中心にいるような子でした。

そんなA君、なぜか私を好きだったんですよ。

 

と言うのも、A君と私は幼稚園から友達で、長い付き合いでした。

私は当時完全に男みたいで、顔も服装も男っぽかったんです。
だからか、A君ともすごい仲良しでした。

 

そんなA君が私を好きだと言う事を、小4の冬に知ります。
さぁ、ここからが大変。

女の敵は女だと思う、嫉妬と裏切り。

困りますよね、女友達とのコミュニケーション。

人気者のA君が、決して眼中にないと思われる私を好きだとは、
全く思わなかったのでしょう。

 

Zちゃんは。ヽ(`Д´)ノプンプン

 

私とA君が話しているだけで、ヒソヒソ話。
ちなみにA君は誰にでも優しくて、色んな女の子に親切にするだけで

Zちゃんイライラ。

 

そうこうしてるうちに、私もA君の事が気になってきた訳ですよ。
A君カッコイイですからね。

たまに二人で一緒に帰ったりしてた訳ですよ。

 

で、小5の春。クラス替えで、A君と私は離れてしまいました。
Zちゃんとは同じクラスでした。

するとZちゃんが私にこう言います。

 

「A君、今はB子ちゃんが好きらしいよ。」

ガーン(;_;)
それはもう、ショックで。

初失恋です。初恋にして。

 

まぁ、小学生の恋ですから、別に付き合ってた訳でもないんですが。

でね。
その後ですよ。

小5の夏。
他の女の子に聞きました。

 

「A君はラビットしま子ちゃんが好きって言ってたよ」

「ラビットしま子ちゃんはC君が好きらしいって、Zちゃんが言ってたよ」

ちなみにC君の事を好きだなんて、一度も言ってませんよ私。

 

 

オホホホホホホホホホホホ!

Zよ、お前絶対ロクな人生送らんからな!

 

美白と美肌は女の夢☆美容の為におやすみなさい(-_-)zzz

 - メルマガ・限定記事



PAGE
TOP